看護師が直面している激務への対策

病棟看護師は、夜勤などの不規則勤務を免れず休暇が取りにくいため激務となってる。
こうした激務による離職者が後を絶たず、医療現場における深刻な看護師不足が社会問題となっていることは言うまでもないだろう。

人手不足の職場では、限られた数の現役看護師に過剰な負担がかかり、過労や休職の原因となっている。
さらに、離職率が高まり人手不足が深刻化するという悪循環にも陥っているのが現状だ。
一旦離職した看護師が復職するケースも少なく、潜在看護師の増加も問題視されている。

こうした激務を緩和し離職率を下げるため、様々な試みがなされてきた。
その取り組みの1つが看護方式の見直しだ。
これまでのプライマリーナーシングという看護のやり方をチームナーシングという看護方式へと変換されてきている。
プライマリーナーシングとは、1人の看護師が1人の患者を担当して入院から退院まで責任を持ってケアをする看護方式だ。
これに対して、チームナーシングは複数の看護師が1人の患者のケアを共同で担当し、看護師1人にかかる負担を減らすというやり方になる。

従来は、夜勤を免れたり短時間労働に限定する勤務を希望すれば、ほとんどの場合に非常勤職員として勤めるしかなかった。
だが、日本看護協会は看護師の勤務の実態を改善するため、夜勤をなくしたり短時間労働を認めたりする正規職員の採用を提唱。
一方、一旦医療現場を離れた後、ブランクの長かった潜在看護師に対しても最新の医療技術を身につけられるだけの十分な研修を保証し、多忙な医療現場であっても自信を持って復職できるようなシステムの導入も検討されている。